リフレクターの良い所

1.光の効率が良い
リフレクターがないと光源からの光はターゲットに対して一部しか届きませんが、リフレクターがあると光源の光を効率よくターゲットに届けることが出来ます。より少ない光で効率よくターゲットを照らすことができるようになるのです。
2.球切れが見えない+見た目がよい(LED照明の場合)
LED照明でよくある事は経年に従って、ひとつずつLEDの球が切れてゆくことです。全体の光量には大きな問題がなくても外観としては問題です。リフレクターに反射させた光を見せることで、このような問題を回避できます。
3.経年による輝度の低下がない(LED照明の場合)
LEDを直接証明として使うとき、光を広げるためにレンズを介することになります。このレンズは経年と共に劣化して変色してゆくのです。結果、照明は年々暗くなってしまいます。
4.グレア(ギラつき)を防ぐ
光輝度のライトが直接あたると、対向車のヘッドライトを見てしまったときのような光のにじみ(グレア)が起こり、物が見えにくくなることが知られています。リフレクターを使えばグレアは起こりません。
5.光の方向を自由にコントロール
リフレクターを使うことで、光の方向や種類を自由にコントロールすることが出来ます。
リフレクターの素材や形状を変えることで光種をコントロールすることが出来ます。
当然光の方向もコントロールすることが出来ます。